パーマリンクとは?SEOへの影響とWordPressでの設定について解説

タイトル用画像 IT・Web用語
Photo by Aleksander Vlad on Unsplash

WordPressでブログ記事を作成していると、
「パーマリンク」という文字を見かけることが度々ありませんか?
「そもそもパーマリンクって何?」「何を設定するの?」
と思った人も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではパーマリンクとは?という疑問から
SEOを意識したパーマリンクの設定についてわかりやすく解説します。

タイトル用画像
Photo by Trà My on Unsplash

パーマリンクとは、Webページごとに設定されたURLのことです。
もし以下のようなURLページの場合、
後半の 2021/04/15/maintenance-release
がパーマリンクです。

パーマリンクを表した画像

WordPressが初期設定のままだと、記事を投稿したときのパーマリンクは
上記のような「投稿日」「記事タイトル」となります。

SEOに悪影響?あまりオススメされないパーマリンクの設定

公開後、時間が経ってからパーマリンクを変更する

Webページ公開後、しばらく時間が経ってパーマリンクを設定してしまうと
以下のような問題が生じます。

  1. 他のWebページからのリンクが無効になる(リンク切れの状態になる)
  2. ソーシャルカウント(SNSによるシェア数)がリセットされてしまう
  3. これまで積み上げてきたSEO評価がリセットされてしまう

パーマリンクを変更するということは、URLを変更するということになります。
よって、パーマリンクはWebページを追加したら最初に設定するとSEOに効果的です。

意味のない単語を使用する

WordPressで、初期設定の状態で、「投稿」や「固定ページ」でページを作ると、
以下のような数字と記号の組み合わせのURLになります。

http://wordpress.com/?p=123

このように、意味のない数字と記号の組み合わせのパーマリンクだと
見た目にも何に関する記事・ページなのかが分かりづらく
SEOの面でも若干の悪影響が出てしまうと言われています。

では、どのような単語をパーマリンクに設定すべきか
おすすめの設定方法は後ほど説明します。

日本語で設定する

パーマリンクを日本語で設定することは
SEO上では特に悪影響はないと言われています。

しかし、実際にはパーマリンクで日本語を設定すると、
以下のような場面でデメリットが見られます。

SNSなどでWebページのURLをシェアする時

以下のように日本語のパーマリンクは
長い記号文字の羅列になってしまいます。

日本語をパソコンなどの機械に読み取らせるため
画面上でこのような文字の羅列に変換されるためです。

キャプチャ画像

Twitterの場合、文字数制限で貼り付けられなくなってしまう場合があるため、
少し不便を感じてしまうかもしれません。

外部サイトでリンク設定された場合

Webサイトによっては日本語が含まれるパーマリンクに対応しておらず
「404エラー」となる場合があるようです。

では、日本語以外だとどのようなパーマリンクの設定をしたらいいのか
こちらに関しても次の章で述べたいと思います。

SEOに効果的なパーマリンク設定

タイトル用画像
Photo by Ga on Unsplash

SEOに効果的なパーマリンクとはどのようなものでしょう?
この章ではSEOで良い効果が期待できる設定方法を述べていきます。

シンプルな構造である

Google検索セントラル「上級者向けSEO」の箇所には
以下のように記載されています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Google「シンプルな URL 構造を維持する」

つまり、パーマリンクを設定する上で重要なのは
シンプルな構造であるということが大事です。

多くの人がGoogleの検索エンジンを使用していることから、
Googleが紹介するSEOに関する記述は参考にしたいところです。

よって、Googleに推奨されているような最適なパーマリンクに設定すると
検索から人の目に触れる機会が増えるということが期待できます。

分かりやすいカテゴリー構造になっている

パーマリンクを設定する上で、シンプルな構造であるのと同時に
分かりやすい構造になっていることも重要です。

  • カテゴリ構造に沿った設定
    http://wordpress.com/japan/news/2021/
    http://wordpress.com/国/カテゴリ名/どの年の投稿か/
  • 記事番号を用いる設定
    http://wordpress.com/news/12345/
    http://wordpress.com/カテゴリ名/記事番号/
  • 記事タイトルを用いる設定
    http://wordpress.com/news/maintenance-release
    http://wordpress.com/カテゴリ名/タイトル名/

Webサイト内での位置付けと
そのページの内容がひと目で分かる構造や意味を表す
単語選択を意識してみるよ良いでしょう。

英単語の組み合わせにする

先程、パーマリンクを日本語で設定することのデメリットを説明しました。

実際にパーマリンクを設定するときは
アルファベットで、意味を持つ単語をチョイスすると良いでしょう。
そうなると必然と英単語を用いることになります。

例えば、WordPressのメンテナンスに関するリリース記事を
表現する場合は以下のように設定します。

http://wordpress.com/news/maintenance-release

パーマリンクに使用する単語は数個くらいがシンプルで良いでしょう。
情報をぎゅっと詰め込もうとして
長すぎるパーマリンクになってしまわないように気をつけましょう。

WordPressでのおすすめの設定方法

WordPressにログインし、左側メニューの
「設定」から「パーマリンク設定」を開きます。

パーマリンク設定画面キャプチャ画像

パーマリンクの設定画面を開くと
設定方法を選択できるようになっています。

  • 基本
    パーマリンクは?p=123といった記事番号になります。
  • 日付と投稿名
    投稿した/年/月/日付/記事タイト
  • 月と投稿名
    投稿した/年/月/記事タイトル
  • 数字ベース
    archives/記事に対して割り振られる固有のID
  • 投稿名
    記事タイトル
  • カスタム構造
    自分でタグを選択し、パーマリンクに入れるカテゴリをカスタマイズ

WordPressのパーマリンク設定についてネット検索すると、
SEOの観点からカスタム構造で
設定することをおすすめする記事が多く見らます。

しかし、数字ベースで効率的にパーマリンクを自動生成する方法も
色々な記事でおすすめされています。
数字ベースでパーマリンク設定しても
検索の上位に表示されるページも数多くある、などの理由からです。

もしWordPressでパーマリンクを設定する機会に遭遇したら
記事を投稿したりページを公開する前に
自分のページに合った設定方法を模索してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました