OSとは?パソコン初心者でも分かるようにやさしく解説

IT・Web用語
Photo by Bram Naus on Unsplash

パソコンやスマホを扱っていると耳にする
「OS」とは何かご存知ですか?


「OSはなに使ってるの?」という質問を耳にした際に
パソコンやスマホに対しある程度の知識があれば「Windows」や「iOS」と、すぐに返事をすることが出来るでしょう。

しかし、「そもそもOSって何?」という疑問が浮かぶ人も中にはいるでしょう。
また、使用しているパソコンかスマホのOSを何気なく答えられる人の中にも、OSとはデバイスの中でどのような役割を果たしているのかを、きちんと理解していない人もいるかもしれません。

今回の記事では、知っているようで実は知らない人が多いOSについて
パソコン初心者でも分かりやすく解説していきます。

タイトル用画像
Photo by Mark Boss on Unsplash

OSは、Operating System(オペレーティングシステム)を省略した言葉です。
直訳すると「操作をするシステム」という意味があります。

OSは、パソコンやスマホの中に入っているソフトウェアです。
ちなみに・・・
パソコンやスマホといった物質的な機器類をハードウェアと呼ばれるのに対し
パソコンやスマホを利用するための技術は、ソフトウェアと呼ばれます。

OSは、端末(パソコンやスマホといった機器類)の中で、端末を管理・制御する役割を持っています。

さらに、使用者がパソコンやスマホをわかりやすく簡単に操作できるよう、OSは重要な役割を果たしています。

もし端末にOSが入っていなかったら?

もしパソコンにOSが入っていなかったらどうなるのでしょう?
ということを考えてみると、OSの役割がなんとなく分かってくるかもしれません。

もしパソコンにOSが入っていなかったら・・・
・電源を入れても画面に何も映し出されない。
・キーボードに何かを打ち込んでも、文字の入力ができない。
・マウスを動かしても、何もクリックできないどころか、カーソルすら表示されない。

と、OSが入っていないとパソコンの機能を一切使用することができません。
パソコンを人に例えるならば、OSは人格に相当します。
もし、OSが入っていないパソコンやスマホがあるならば、それは何も入っていない箱と同じです。

OSにはどんな種類があるの?

タイトル用画像
Photo by Ben Szymanski on Unsplash

OSというとWindowsを思い浮かべる人が多いでしょう。
コンピュータを使用する90%以上の人がWindowsを使っているとも言われています。

しかし、パソコンにはOSがWindowsではないMacや、スマホにはまた違ったOSが使われています。

この章では、代表的なOSの種類について説明していこうと思います。

Windows(ウィンドウズ)

タイトル用画像
Photo by Franck V. on Unsplash

Microsoft社が開発したOSです。
市販されているパソコンを購入すると大概はインストールされています。

OSはWindowsしか知らないという人が多く、圧倒的なシェア率となっています。
事務処理、システム開発等で使用されることが多いです。

macOS(マックオーエス)

タイトル用画像
Photo by Daniel Romero on Unsplash

Apple社が開発したOSです。

Windowsと違う点は、Apple社が通称「Mac」と呼ばれるパソコン本体とOSまで開発しているところです。
一般的なコンピュータでWindowsを搭載していない場合は、ほぼApple社が開発しているMac PCにmacOSが入っていることが多いです。
グラフィックに優れているのでWeb制作やデザイン関連の仕事で使用されることが多いです。

iOS(アイオーエス)

タイトル用画像
Photo by Christian Allard on Unsplash

Apple社が開発したOSです。

macOSがパソコンといったコンピュータ用なのに対し、iOSはその他のAppleの機器用に使用されています。
例えば、iPodやiPhoneやiPadなどです。

iOSはAppleの製品の上でしか動かないため、シェアとしては次に説明するAndroidには負けます。
しかし、本体との相性が良く、高い操作性にファンが多いのも特徴です。

Android(アンドロイド)

Google社が開発したOSです。

Apple社のiOSと違い、他の企業の端末でも使用できることからスマホでのシェアが爆発的に広がりました。
スマホだけではなく、カーナビや車そのものや、メガネなどにも搭載されてきています。

その他

Unix(ユニックス)

WindowsもMac OSもない時代に電話を発明したベル研修所が発表したものです。
現在のシェアは決して多くはありませんが、macOSなどUnixを元にしたOSが多々あります。

Linux(リナックス)

ライセンス契約の縛りが厳しかったUnixを真似て独自に開発されたOSです。
誰でも無料で自由に使え、改変も配布も自由に行うことができます。

BSD(ビーエスディー)

UNIXを改良した、UNIX系のOSです。
FreeBSD、OpenBSD、NetBSDなどさらに種類が分かれます。

まとめ

タイトル用画像
Photo by John Schnobrich on Unsplash

今回の記事では、OSについて解説しました。

先程も述べたように、
パソコンを人に例えるならば、OSは人格に相当します。

もし、OSが入っていないパソコンやスマホがあるならば、
それは何も入っていない箱と同じです。

パソコンにOSが入っていないとマウスやキーボードを操作できないだけではなく
画面には何も映し出されません。

OSはパソコンやスマホにとって
なくてはならないソフトウェアである、ということがわかりましたね。

また、OSには複数種類があり、それぞれの良さがあります。

もしパソコンやスマホといった端末を購入する際は
自分に合ったOSで端末を選んでみる、という選び方もおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました