AmazonのProduct Advertising APIが利用できない!?その原因は?

IT・Web用語

ブログ収益化のため、Amazonのアフィリエイト広告を使用することがあります。

Rinkerなどのプラグインを介して使用する場合、Product Advertising APIのアクセスキーとシークレットキーが必要と聞き、早速アマゾン・アソシエイトへ!!

手順通り、Product Advertising APIのページを開いてみたけれど、

「アクセスキーとシークレットキーはどこで取得するの?」
「あれ?もしやキーを取得する画面が表示されていないのでは?」

と、思ったあなたへ。
今回の記事では、その原因の一つとして考えられる理由をまとめました。

アクセスキーとシークレットキーの取得は誰でもできる?

タイトル用画像
Photo by Sergij from Pexels

結論から言うと、アクセスキーとシークレットキーは誰でも取得できるわけではありません。

アソシエイト・セントラルのページには、Product Advertising APIの使用については
「アソシエイト・プログラムへの申し込みだけでは利用は可能とはなりません」と、記載があります。

利用条件についてはこちらのページに詳しく記載があります。

Product Advertising APIの利用条件についてざっくり説明すると↓

  • Amazonアソシエイト・プログラムへの申し込み・参加
  • まずは3つ以上の適格な売上実績を達成することが条件
  • 実績達成後に開始される審査で合格した場合のみ利用できる

Amazonアソシエイト・プログラムに申し込みを行なった直後だと、Amazonの定める適格な売り上げ実績が3つ以上達成できていない場合がほとんどのため、Product Advertising APIの利用ができません。

念の為、Amazonの担当者に直接お問い合わせをしてみたので、後ほどそのやりとりの様子を紹介します。

アクセスキーとシークレットキーの取得はどこから?

タイトル用画像
Photo by Olya Kobruseva from Pexels

アクセスキーとシークレットキーの取得は、アソシエイト・セントラル

ツール>Product Advertising API

から可能です。

筆者は、Rinkerの使用手順を参考にしました。

キャプチャ画像
画像引用:Amazonアソシエイト・セントラル

手順通り、ページを開いてみたけれど、アクセスキーとシークレットキーの取得画面が表示されない場合、以下のような画面が表示されます。

キャプチャ画像
画像引用:Amazonアソシエイト・セントラル

もしアクセスキーとシークレットキーの取得ができる場合「認証情報を追加する」というボタンが表示されます。

Product Advertising APIのページに、はっきりと以下のように使用できない理由が記載されています。

一定以上の売上実績を重ねることでご利用が可能となります。(*アソシエイト・プログラムへの申し込みだけでは利用は可能とはなりません) 

Amazonアソシエイト・セントラル

「アソシエイト・プログラムへは申し込み済みなのになぜ?」
と、思ってしまうところですが、まずは3つ以上の適格な売上実績を達成する必要があります。

Amazonのカスタマーサービスに問い合わせてみた

念の為、筆者はProduct Advertising APIのアクセスキーとシークレットキーを取得できないか、Amazonのカスタマーセンターに問い合わせてみました。

(当時、キーを取得できない理由がよくわかっていなかったため…)

お世話になっております。

ツール>Product Advertising API でAmazonAPIのアクセスキーIDとシークレットキーを取得したいです。
「認証情報を追加する」ボタンが表示されないのですが、どこから取得できますか?

すると、Amazonの担当者から以下のような回答が返ってきました。

キャプチャ画像

重要なのは以下の箇所↓

Product Advertising APIの利用は、3つ以上の適格な売上実績を達成後に開始される審査で正式に承認された場合(審査に合格した場合)のみ利用できます。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ

ということで、売上実績と審査に合格している事実がないためProduct Advertising APIの使用が許可されず、アクセスキーIDとシークレットキーの取得もできない、ということが分かりました。

もし、Product Advertising APIについて知りたい場合はこちらのページを参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました