「未経験からWebライターに」おすすめの勉強方法を紹介!

タイトル用画像 Web制作
Photo by Cookie the Pom on Unsplash

副業で人気の「Webライター」という職業。
どういうお仕事なのかは、なんとなくわかるけど、何から始めるべきかわからない…。
そもそも未経験でもできるの?

今回の記事では、副業としてWebライターのお仕事に興味がある人へ向けた、おすすめの勉強方法を紹介します。

当ブログ管理人の「そね」です。
30代未経験からWeb業界へ転職、現在副業でWebライティングのお仕事をしています。
過去に、企業でWebメディア用の記事の執筆に携わった経験もあります。

「未経験」でも最低限必要なスキル

Photo by Christin Hume on Unsplash

Webライターになるためには、ホームページやWebメディアで、読者に興味を持ってもらえるような記事を執筆するためのWebライティングという技術が必要になります。

読者に「読み進めたい!」と思ってもらえるような、言葉の選定や文章の書き方などのセンスが求められますが、それ以前に必要とされる最低限のスキルがあります。

【最低限必要なスキル】
・キーボードで文章をタイピングできる
・チャットツールを利用したやりとり
・インターネットで何かを調べる

この記事にたどり着いたみなさんは、大丈夫かと思いますが、Webライターになるための学習を始める前にまずは、「最低限必要なスキル」が備わっているかを確認してみましょう。

キーボードで文章をタイピングできる

Webライターのお仕事はWebサイト向けの文章を書くこと。
そのためキーボードを使ったタイピングが出来ないと話になりません。

また、本業でも副業でもWebライターのお仕事をするためには「パソコンを持っていること」が大前提となります。

スマートフォンしか持っていないのならば、安いものでもいいので、パソコンの購入をおすすめします。

チャットツールを利用したやりとり

Webライターとしてお仕事を受注すると、SlackChat Work といったチャットツールを使ったクライアントとのやりとりが発生します。

チャットツールを使用した意思疎通や会話スピードについて行けず、最初は苦戦するWebライターも多いようです。

Slack や Chat Work といったチャットツールを使ったことがないという人は、アカウントの作成方法メッセージの送り方だけでも調べておくと良いでしょう。

インターネットで何かを調べる

Webライターは、記事を執筆する上で、情報を収集し精査する「リサーチ能力」が必要とされます。

普段から「ネットサーフィンをしながら調べ物をすることが好き」という方には備わっているスキルかもしれません。

「記事のテーマに関する情報」を自分で調べ、フェイク記事を避けるといった点では、最初は出来ない人も多いようです。

おすすめの勉強方法(基礎編)

最低限必要なスキルが備わっているようだから大丈夫!
という人は、早速Webライターになるための勉強を始めてみましょう!

「勉強」といっても、机にかじり付いてマニュアルをひたすら読む…なんて、つまらない勉強方法ではありません。

プロのライターたちが作ってくれたコンテンツで楽しく学べる方法ばかりです。

この章では、難易度が軽い順にWebライターになるための勉強方法を紹介しています。

今回の記事で紹介する勉強方法を、全て取り入れる必要はありません。

自分が気になった方法や、無理なく始められそうな方法を、ぜひ参考にしてみてください。

YouTubeで動画を見る

無料で気軽に始められる勉強方法として YouTube で動画を見る、という勉強方法があります。
家事をしながら、多忙な毎日の隙間時間に無理なくできるので、まずはこの勉強方法がおすすめです。

【こんな人におすすめ】
・Webライターが何たるか、まだ曖昧…。
・とにかくわかりやすい方法で学んでいきたい。
・家事などをしながら学びたい。

実際に活躍しているWebライターの成功談などを見ることでモチベーションもアップします。
また、現役Webライターの体験談を聞くこともできるため、実際に自分がお仕事を受注する際の心構えなども学ぶことができます。

これから紹介するYouTube動画は、まずは副業からWebライターを始めてみたいという方におすすめの動画です。

▲IT企業の社長で投資家、YouTuberとしても活躍している両学長のYouTubeチャンネルの動画です。
自身も複数のWebメディアを運営し、様々な副業を紹介しています。
こちらの動画では、副業としておすすめのWebライターの「魅力と落とし穴」などが紹介されています。

▲売れっ子ブロガーとして活躍中のヒトデさんの動画です。
延べ1000人のライターに指導をしてきた経験がある佐々木ゴウさんへのインタビュー動画になっています。
具体的な案件の取り方やおすすめの案件など、プロ目線の話が聞けます。

▲トップブロガーとして成功し、現在はYouTubeを含めたSNS上でも活躍している経営者で投資家のマナブさんの動画です。
自身でもWebサイトを運営し、実際にライターを雇う側だった経験から、高単価の案件の取り方などについて詳しく解説してくれています。

他のライターの記事を読みあさる

あなたが普段読んでいるWebメディアやブログの記事を読むことも有効な勉強方法です。

ここで重要なのは、個人ブログではなく、企業が運営しているWebメディアやブログの記事を選ぶことです。

個人ブログも読んでいて勉強になるものも多いのですが、企業で運用しているものだと、膨大な予算をかけて、その方面のプロ達が様々な計算のもと、良質な記事を作り続けているためです。

【こんな人におすすめ】
・ネットサーフィンが好き
・活字を読むことが好き。
・情報収集とリサーチが好き。

今までは、何気なく読んでいた芸能ゴシップやライフハックなどの記事も
「なぜこの記事は読みやすいのか?」
「この記事が書かれた目的は何か?」
「この記事でどういった商品が紹介されているのか?」
といったことに注目して読んでみると、学びになることがあるかもしれません。

本で勉強する

現役ライターたちが書いた著書から学ぶこともおすすめの勉強方法です。

この勉強方法は、Webライターの仕事内容についてある程度理解ができた人や、すでにWebライティングのお仕事を始めている初心者におすすめの勉強方法です。

【こんな人におすすめ】
・実践に入る前に、基礎をガッチリ固めたい。
・先輩ライターの経験談などを知りたい。
・もっとWebライティングの腕を磨きたい。

これから紹介する著書は、Amazonの売れ筋ランキングでも上位を獲得している人気の著書です。
さすがはプロのライター達が執筆した本ということもあり、読みやすさ、読み応えがバッチリです。

▲「1時間で読める・わかる」をコンセプトに書かれた1冊です。
文章の基本的な書き方から学べるので、これからWebライターとしてお仕事を始めようとしている人におすすめの著書です。

▲初心者Webライターのための「文章の書き方」を学ぶことができる一冊です。
現役のWebライター9名のインタビューから「稼げるライターになるための秘訣」も知ることができる著書です。

▲10代から大人まで幅広く学べるようにまとめられた一冊です。
様々なWebツールを用いてWeb上の情報を調査分析する方法なども紹介され、実践的なノウハウを学ぶことができます。

Udemyで受講

本格的に勉強をしたいけど、「スクールは敷居が高すぎる!」という方におすすめの勉強方法です。

オンラインでのビデオ講座となっているため、自分の好きな時に好きな分だけ学習できるところがメリットでしょう。

【こんな人におすすめ】
・スクールに通う時間の確保が難しい。
・プロの講座を受けたいけど金銭的に余裕がない。
・自分の好きな時に好きな分だけ学びたい。

セールの時期だと1つの講座が2000円程で購入できるところも魅力的です。

興味がある方は、以下のバナーをクリックし、「Webライティング」という単語で講座を探してみてください。

未経験からWebライターになるための勉強方法

オンラインスクール

短い期間でより充実した学びを得たい人には、オンラインスクールでの勉強がおすすめです。

【こんな人におすすめ】
・なるべく短期間、最短距離で学びたい。
・1から10まで学びの手順が揃っている方が良い。
・プロから実践的な知識を教わりたい。

例えば、web+ Media School(ウェブタスメディアスクール)のように、マニュアルが用意され、自分で執筆した記事を専門家が添削してくれるといった体制が整っていると、短い期間での成長が期待できます。

web+ Media School なら、独自に運営しているWebメディアで実際に報酬をもらいながら、記事を執筆することもできるようです。

資料請求は無料なので、オンラインスクールに興味がある方は、以下のバナーから資料を申し込んでみてください。

未経験からWebライターになるための勉強方法

おすすめの勉強方法(実践編)

先程の章では、基礎知識を取り入れるためのおすすめの勉強方法を紹介しました。
この章では、基礎知識を取り入れた後のより実践的な勉強方法を紹介していきます。

案件を受注してみる

より成長が期待できそうな勉強方法は、実際に案件を受注して記事を執筆するという方法です。

【こんな人におすすめ】
・実際に自分で記事を執筆してみたい。
・自分が書いた文章を誰かに評価してほしい。
・習うより、慣れろ派だ!

初心者Webライターのほとんどがクラウドソーシングという、企業と個人の仕事マッチングサービスを利用して、Webサイト向け記事の執筆のお仕事を受注します。

ほとんどのサービスが納品後に、クライアントに評価してもらう評価制度を取り入れているため、腕試しにも良いかもしれません。

クラウドソーシングのサービスはたくさんありますが、まずはメディアでよく目にするココナラクラウドワークスなどに登録しておくと良いでしょう。

日本最大級の会員数を誇るクラウディアは、Web・IT系のお仕事に特化しているため、Webライター向けの案件を探すならこちらもおすすめです。

未経験からWebライティングの案件受注

クラウドソーシングに登録が完了したら、手始めに「タスク」と呼ばれる軽微なライティング業務を2〜3件ほどこなし、肩慣らしをすることがおすすめです。

自分でブログページを開設してみる

少しハードルが高くなりますが、自分のブログページを開設し、そこで記事を執筆していくという勉強方法もあります。

【こんな人におすすめ】
・自分の興味があるカテゴリで記事を執筆したい。
・納期に追われず、自分のペースで記事を執筆したい。
・Webメディアの運用についても学びたい

実際に自分のブログページを開設して、収益につながる広告リンクを設置するための記事を執筆します。

自分のブログページなら、自分が興味のあるカテゴリの記事を執筆することができ、納期もありません。

開設するまでが少し大変かもしれませんが、いざブログページを開設してみると、あとは自分の好きな時間に、自分が興味のあるカテゴリで記事執筆の作業を行うことができます。

最近は、ConoHa Wing のように、レンタルサーバー、独自ドメイン、WordPressの設置が一括で行えるサービスもあります。

ConoHa Wing のようなサービスを使うことで、WordPressのブログページも、以前に比べると簡単に開設することができるようになりました。

気になる方は、ConoHa Wing のバナーを貼っておくので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ:勉強すれば未経験からWebライターになれる

今回の記事では、未経験から副業でWebライターのお仕事をするための勉強方法を紹介しました。

「Webライター」を名乗るためには、資格が必要ということもありません。
そのため、Webライティングのスキルを使った記事を執筆している時点で「Webライター」と名乗ることもできます。

ただ、クライアントから「高評価」を与えられるWebライターは、ほんの一握り。

良質な記事を執筆できるWebライターになるためにも、Webライティングに必要な基礎知識を取り入れ、コツコツ勉強を続けていきましょう。

最後に。

実際にWebライターとして活躍することを希望している方は、さっそく先ほど紹介したクラウドソーシングのサービスをチェックしてみてください。

登録は無料です。
気軽に履歴書を書く感じで以下バナーからアカウント登録してみてください▼

タイトルとURLをコピーしました